ちぐりんの日常

野球大好き(ファイターズ中心にNPB)今は娘と旦那に囲まれながら雑多に生きている。DGSは毎週欠かさず聴いている。腐女子。

こどもからうつったかぜってなおらないよね・・・

どうも、喉がいたくてしんどいちぐりんです。

この風邪、一週間前に娘がひいていた風邪です。

だっこしたら、そりゃあもう顔に咳ぶっかけられますよね。絶対喉にくるとおもってました。

そんな娘は先週金曜に高熱をだし、2日かけて下がったと思ったら咳がひどくなり、しかし薬のおかげでだいぶ良くなりました。

毎週かよっている英会話教室をはじめて旦那に付き添いをおねがいし、自分は病院へ。

ここまで酷い咳風邪は娘を産んでから2度目ですが、前回も市販の薬では一向によくならず、病院にいってやっと治りました。

ただ、こどもが小さいと自分の病院にいくのも気が重いですよね。

だって連れて行かないといけないじゃない。

まだ3歳のとかだと、めっちゃうるさくするかもしれないじゃない。

病人がいるところに連れて行くのも気がひけるじゃない。

 

そう思うとなかなかいけないです。

で、私は必ず小児科も併設している内科を探していきます。

だってそうすれば看護婦さんがこども慣れしてるから!!!!

でもなかなかないですよね。私が以前通っていた内科小児科はとても気に入っていたんですが、いかんせん遠いので今回新しいところを探していってみました。

英会話教室にいってもらってる間なので、ひとりで!

そこは建物は古く、ちょっと入るのに戸惑いを感じるほど暗い印象でした。

入ってみるとますます古臭さを感じます。

待合室には老人が二人。しかもすでに帰る支度をしている。

これはすぐ呼ばれるだろうと数分待ちました。

「ちぐりんさーーん」と呼ばれ、入ってみると先生は年配の方。

診察をしていただき、症状の説明をしてくださいました。ウイルスだと思いますって。

あら・・・?って思ったんです。

娘が通っている小児科では「せきどめのお薬はじめましょうね」とかですし、私が以前通っていた内科小児科では「薬出しときますので効かなかったらきてください」でした。

「○○が原因と思われますのでこうしましょう」

そういう説明がなかったんです。

まぁ重大なことではないからかもしれませんが、やはり説明してくださった方が安心します。

古くさいけどすいてるし、しばらくここに通おうーと思うくらいには気に入りました。

 

地味にポイント高いのが院内処方のため薬を一包化してくれるところですね!これは本当に楽ですね!

 

で、何が言いたかったかっていうと、お母さんは病院に早めに行くのが大事よってことです!

こどものウイルスまじでコワイ。市販の薬じゃなおらないから!!!!!!!